メニュー

苦痛の少ない胃・大腸内視鏡検査

経験豊富な内視鏡専門医・指導医が患者の皆さまに楽に受けられるよう精密で丁寧な内視鏡検査を行っています。

エキスパートによる安全・精密・丁寧な検査

検査

当院の院長は米国ハーバード大学医学部・マサチューセッツ総合病院でも先端医療を学び、東京女子医科大学、昭和大学横浜市北部病院、亀田メディカルセンター、国立がん研究センター中央病院、福島県立医科大学などで内視鏡専門医・指導医として研鑽を重ねて参りました。

患者さま個人個人の病状やご要望に合わせた安全で精密かつ丁寧な内視鏡検査を行っています。

当院の内視鏡検査は必ず内視鏡専門医や指導医が実施致します。

そのため当院では

  • 苦痛が少ない
  • 精度高い病変の診断
  • 正確な鑑別診断
  • 合併症や再発のない内視鏡治療
    といった最先端の内視鏡検査をご提供しています。

【無痛(鎮静下)内視鏡検査】

 当院では、患者さま個人個人にあった適切な内視鏡検査を行っています。当院の無痛(鎮静下)内視鏡検査は、安全を最も重視したうえで、年齢や体格、併存疾患などを十分考慮して適切な鎮静剤を選択し、安全で安心な内視鏡検査を行っています。複数の鎮静剤を用意しており、患者さまの全身状態やご要望に適合した鎮静剤を厳格使用しています。

 内視鏡検査に際しては、熟練した高い技術を有した医師と専門性の高い経験豊かな看護師がチームを組んで対応いたします。
検査中は常に患者さまの血中酸素飽和度、脈拍、血圧、顔色、呼吸状態などを随時モニタリングして厳重な全身管理を行っています。必要に応じて迅速に酸素投与する体制を取っているため、安心して検査をお受けいただけます。

 検査後には専用のリカバリーチェアでお休みいただきます。

 無痛(鎮静下)内視鏡検査後は車、バイク、自転車などの運転はできません。ご家族やお知り合いの方の送迎、代行サービスまたはタクシーなどの公共交通機関をご利用ください。

【お腹の張りを解消する炭酸ガス送気装置の導入】

 お腹の張りを解消する炭酸ガス送気装置を大腸内視鏡検査では必ず使用いたします。大腸の観察に際しては、腸管を十分に膨らませないと観察できない部分が生じてしまうため、検査中にはガス送気して腸管を十分に膨らませて観察を行う必要があります。

一般的には空気で大腸を膨らませることが多いのですが、その場合検査後もお腹の張りが長時間続いてしまいます。当院では腸管からの吸収が100倍以上早い炭酸ガスを送る装置を導入することで、お腹の張りは検査後速やかに消失します。なお、吸収された炭酸ガスは息から自然に排出され健康には影響がありません。

【経鼻内視鏡の導入】

 胃内視鏡検査は従来、口から内視鏡スコープを挿入していました。そのため、舌の根元の嘔吐反射を起こす部分に内視鏡が当たり、反射が強い人にとっては大変辛く苦しい検査でした。

 近年登場した経鼻内視鏡検査は、鼻からスコープを挿入するため、舌根にスコープが当たらないため、嘔吐販社が強い人にとってはだいぶ楽な検査となりました。

 当院では画像解像度が高い最新の極細の内視鏡スコープを導入して、精度が高くしかも楽に受けられる内視鏡検査を実施しています。

【精度の高い病変の診断と正確な鑑別診断】

当院では、最新の内視鏡スコープを導入しており、通常の白色光観察に加え、拡大観察とNBI(Narrow Band Imaging:狭帯域光)を随時使用しながら内視鏡検査を行っています。

NBIは、粘膜構造や血管走行をより明瞭にし、高精度のリアルタイム診断を可能にした新しい内視鏡技術です。また、病変の特徴を色調として捉えることができるので、微小がん病巣の早期発見も可能となります。

拡大内視鏡を使用することにより、約80-100倍の拡大画像が得られるため、食道、胃、十二指腸そして大腸のポリープの表面をより詳しく観察できます。
こうした観察で、病変ががん化するリスクについても正確に評価が可能となります。

N BIと拡大内視鏡を組み合わせたNBI拡大観察することで、内視鏡診断能を最大限に高めることが可能です。微小がん病変を小さいうちに検出するだけでなく、リアルタイムで良性と悪性の鑑別診断を行い、さらに病変の広がり(病変の範囲)や腫瘍の深さ(深達度診断)を実施します。

【結果をわかりやすく説明】

 内視鏡検査後には、できるだけわかりやすく結果をお伝えすることを心がけており、画像などをご覧いただきながら丁寧にご説明します。気になることがありましたら、なんでもご質問ください。なお、検査結果は口頭でのご説明だけでなく、患者さまへのご報告レポートを作成しその場でお渡ししております。

 なお、生検やポリープ切除など組織を採取した場合、病理組織学的診断結果は後日改めて外来診察にてご説明いたします。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME