メニュー

診療内容 消化器内科・胃腸内科

【消化器内科について】

消化器内科は、消化管である食道・胃・十二指腸・小腸・大腸に、消化を助ける胆のう・膵臓・肝臓などを含めた消化器全般の専門的な診療を行っています。消化器内科とは簡単に言えば、「おなか」の病気を診るのが消化器内科です。胸焼け、もたれなど軽微な症状のものから、急な腹痛や嘔吐、下痢、血便など緊急性の有する重篤な症状まで幅広く対応しています。また当院は、特に消化器内視鏡、腹部超音波を含めて高いレベルでの検査が出来るので、特に消化器がんの専門医として一番に力を入れて診療に当たっております。

腹痛や嘔吐、下痢、便秘をはじめとする消化器症状の際はお気軽にご相談ください。

【このような症状はご相談ください】

お腹の調子が悪い
胃が痛い
胃がもたれる
吐き気がする
胸やけがする
食後に背中が痛くなる
便秘がち
下痢を繰り返す
血便や黒い便が出た
体が黄色くなった
食欲が無い
急に体重が減少した
顔色が悪いと言われる
ピロリ菌の検査を受けたい など

【消化器、胃腸内科の主な対象疾患】

逆流性食道炎、急性胃炎、慢性胃炎、機能性ディスペプシア、胃・十二指腸潰瘍、胃がん、大腸がん、大腸ポリープ、急性腸炎、ピロリ菌感染症、感染性胃腸炎、便秘症、下痢症、過敏性腸症候群(IBS)、潰瘍性大腸炎、クローン病 など

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME