メニュー

院長紹介

【医師紹介 院長】

永田 浩一
永田内科・消化器科医院 院長

現 福島県立医科大学 消化器内科学講座 特任教授(2022年1月1日以降も併任予定)
  国立がん研究センター 中央病院 検診センター 客員研究員
  自治医科大学 放射線科 非常勤講師

【ご挨拶】

私はこれまで、東京女子医科大学、ハーバード大学医学部、国立がん研究センター、福島県立医科大学等で消化器科、内視鏡科などを専門とし研鑽を積んで参りました。

この度、私が育ったゆかりの深い袋井市にて地域の皆さまの診療させていただくことを嬉しく思っております。

消化器科専門医・指導医として、消化器疾患の診療、消化器内視鏡(食道、胃、十二指腸、大腸)による検査・治療といった消化器領域の専門性の高い疾患から一般内科まで幅広く診療いたします。

最先端の内視鏡技術を駆使し、最新のエビデンスに基づいた安全で正確な苦痛の少ない消化器内視鏡(胃・大腸)を受けていただき、大腸がんや胃がんなどを早期に発見・治療して参ります。

地域の皆さまの頼れる『健康創造パートナー』を信条に、専門性を活かしながら消化器内科、胃腸内科、一般内科を通して地域医療に貢献してまいります。お身体の不調など、お気軽にご相談ください。

【略歴】

袋井市立若草幼稚園、袋井北小学校、浜松北高校を経て

1996年 国立群馬大学医学部医学科卒業
1996年-2001年  東京女子医科大学 附属第二病院(現 東医療センター) 外科
2001年-2007年  昭和大学 横浜市北部病院 消化器センター
2007年-2011年  ハーバード大学 医学部 放射線科
2011年-2014年 亀田メディカルセンター 消化器科・放射線科 部長
2014年-2015年  NTT東日本伊豆病院 健診センター 特任部長
2015年-2019年 国立がん研究センター 検診研究部 検診評価研究室長
2018年4月-現在 国立がん研究センター 中央病院 検診センター (併任) 
2019年4月-現在  福島県立医科大学 消化器内科学講座 特任教授

【資格】

医師免許 1996年6月医師免許登録

消化器内視鏡認定医・専門医・指導医
消化器病専門医・指導医
消化器がん検診認定医
外科認定医・認定登録医
胃腸科専門医

医学博士(昭和大学):学位論文
Polyethylene glycol solution (PEG) plus contrast-medium vs. PEG alone preparation for CT colonography and conventional colonoscopy in preoperative colorectal cancer staging. Int J Colorectal Dis 2007; 22: 69-76.

【学会役員やジャーナルの役職など】

Honorary Editors-In-Chief (International Journal of Radiology), Editorial Board Member (World Journal of Gastroenterology, World Journal of Radiology, World Journal of Gastrointestinal Endoscopyなど7英文誌)

日本消化器内視鏡学会 関東支部評議員
消化管先進画像診断研究会(GAIA) 代表世話人
日本消化器がん検診学会 代議員
日本消化器がん検診学会 大腸CT検査技師認定委員会 副委員長
日本消化器がん検診学会 教育・研修委員会委員
日本消化器がん検診学会 編集委員会 用語集改訂小委員会委員
日本大腸検査学会 評議員

【受賞歴】

2002年10月: 10th UEGW, Switzerland; 200 Best Abstracts Award of the UEGW
2003年6月:11th EAES Congress, Glasgow, U.K.; The Best (20) Posters
2003年11月:11th UEGW, Spain; 200 Best Abstracts Award of the UEGW
2005年7月:第60回日本消化器外科学会,東京; 国際交流奨励賞
2005年9月:内視鏡医学研究復興財団; 内視鏡医学研究医海外派遣助成
2005年10月:13th UEGW, Denmark; Travel Grant of the UEGW

【代表論文】

(筆頭著者、Corresponding author、Last nameのみの論文97本。)

  1. Nagata K, Endo S, Kudo S, et al. CT Air-Contrast Enema as a Preoperative Examination for Colorectal Cancer. Dig Surg 2004; 21: 352-8.
  2. Nagata K, Endo S, Ichikawa T, et al. Polyethylene glycol solution (PEG) plus contrast-medium vs. PEG alone preparation for CT colonography and conventional colonoscopy in preoperative colorectal cancer staging. Int J Colorectal Dis 2007; 22: 69-76.
  3. Nagata K, Endo S, Tatsukawa K, et al. Intraoperative fluoroscopy vs. intraoperative laparoscopic ultrasonography for early colorectal cancer localization in laparoscopic surgery. Surg Endosc 2008; 22: 379-85.
  4. Nagata K, Ota Y, Okawa T, et al. PET/ CT colonography for the preoperative evaluation of the colon proximal to the obstructive colorectal cancer. Dis Colon Rectum 2008; 51:882-90.
  5. Nagata K, Okawa T, Honma A, et al. Full-laxative vs. Minimum-laxative fecal-tagging CT colonography using 64-detector-row CT: Prospective blinded comparison of diagnostic performance, tagging quality, and patient acceptance. Acad Radiol 2009; 16:780-9.
  6. Nagata K, Singh AK, Sangwaiya MJ, et al. Comparative evaluation of the fecal-tagging quality in CT colonography; barium vs. iodinated oral contrast agent. Acad Radiol 2009; 16: 1393-9.
  7. Nagata K, Fujiwara M, Shimamoto T, et al. Colonic distension at CT colonography: randomized evaluation of both intravenous hyoscine butylbromide and automated carbon dioxide insufflation. AJR 2015; 204: 76-82.
  8. Nagata K, Fujiwara M, Kanazawa H, et al. Evaluation of dose reduction and image quality in CT colonography: Comparison of low-dose CT scans with iterative reconstruction and routine-dose CT scans with filtered back projection. Eur Radiol 2015; 25: 221-9.
  9. Nagata K, Iida N, Kanazawa H, et al. Effect of listening to music and essential oil inhalation on patients undergoing screening CT colonography: A randomized controlled trial. Eur J Radiol 2014; 83: 2172-6.
  10. Nagata K, Endo S, Honda T, et al. Accuracy of CT colonography for detection of polypoid and nonpolypoid neoplasia by gastroenterologists and radiologists: A nation-wide multi-center study in Japan. Am J Gastroenterol 2017; 112: 163-71.
  11. Nagata K, Takabayashi K, Yasuda T, et al. Adverse events during CT colonography for screening, diagnosis, and preoperative staging of colorectal cancer: A Japanese National Survey. Euro Radiol 2017; 27: 4970-8.
    など97本。

【特許】

  1. 特許第4670229号、発明の名称:CTコロノグラフィにおける消化管造影用組成物、出願番号:特願2003-164846、出願日:2003年6月10日、登録日:2011年1月28日、Role: 発明者
  2. 国際公開番号 WO2012/046847 A1, Title: Liquid preparation for oral administration which can be used in CT colonography, and composition for imaging digest tract、国際出願番号:PCT/JP2011/073236、出願日:2011年10月7日、Role: 発明者
    など4本。

【著書】

  1. 監修 消化管先進画像診断研究会、編集 永田浩一、遠藤俊吾.大腸CTを身につける!症例で学ぶ大腸CT診断. 2014, 株式会社シービーアール
  2. 編集 消化管先進画像診断研究会、執筆 永田浩一、遠藤俊吾、平山眞章.大腸CTテキスト.2015, 南江堂
  3. 監修 杉本英治、編集 永田浩一.これ1冊でわかる! 大腸CTプロフェッショナル 100のレシピ.2015, 株式会社メディカルアイ
    など6本。

【招待講演】

55回

【大腸CT検査ハンズオントレーニングの主催】

27回

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME