メニュー

過敏性腸症候群

過敏性腸症候群(irritable bowel syndrome:IBS)はストレスが原因で、慢性的に下痢や便秘、腹痛を繰り返す疾患です。文明国に多くみられ、日本人の7人に1人がこの疾患に当てはまります。30代より若い年代に多い疾患です。良性疾患ではありますが、生活の質を障害することから、適切な治療やケアが必要です。

試験や会議の前、通勤・通学の途中で、急におなかが痛くなって、トイレに駆け込む… こんな症状がおありの方は、過敏性腸症候群かもしれません。まずは当院へご相談ください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME